歯科コラム

歯のクリーニングの種類は?かかる費用は?

歯を守ろうとするなら、セルフケアだけではなく、定期的に歯科医院で歯のクリーニングを受けることが大切です。歯のクリーニングは、虫歯や歯周病のリスクを抑え、きれいな歯を取り戻す処置です。歯のクリーニングでは、「どのようなことをするのか」「どの程度の費用がかかるのか」が気になる方もいますよね。そこで、今回は歯のクリーニングの種類や費用について詳しく解説します。

歯のクリーニングとは

歯のクリーニング用器具

歯のクリーニングはPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とも呼ばれ、歯科衛生士が専用の器具で歯をきれいにする処置です。ホームケアと組み合わせれば、虫歯や歯周病のリスクを抑えられます。

歯の表面には、バイオフィルムという菌の集合体があります。この中で虫歯菌や歯周病菌が繁殖し、虫歯や歯周病のリスクが高まるのです。バイオフィルムは歯磨きでは取り除くことができませんが、歯のクリーニングであればバイオフィルムを破壊できます。

また、歯の汚れや着色を取り除いて研磨するため、本来の白い歯を取り戻せる可能性もあります。

歯のクリーニングで行うこと

歯のクリーニングでは、スケーラーという器具で歯石を取り除くスケーリングという手法を行います。歯石は自宅でのケアで取り除くことは困難であるため、スケーリングで取り除くことが大切です。また、研磨ペーストを歯と歯の間や歯の表面などに塗り、清掃と研磨をしていきます。さらに、頬の内側や舌などの清掃もするため、口腔環境が整うのです。

このように、歯のクリーニングにも種類があり、複数の手法を用いて歯をすみずみまできれいにしていくのが歯のクリーニングです。また、必要に応じてフッ素を塗ります。フッ素には、歯の再石灰化という現象を促すことで、虫歯に強い歯を作ることにつながります。

歯のクリーニングにかかる費用

紙幣とクレジットカードが入った財布

歯のクリーニングは自費診療であるため、歯医者によって費用が異なります。前歯だけであれば約3,000~4,000円、全ての歯をクリーニングする場合は約6,000~8,000円で受けられる歯医者が多くみられます。

歯医者によっては、何らかの治療を受けた場合に限り無料で行っているところもあるなど、価格帯はさまざまです。

歯のクリーニングは、虫歯や歯周病を防いで自分の歯を守るために必要なケアです。虫歯や歯周病の治療を受けたことをきっかけに、歯のクリーニングに通うようになる方もいます。虫歯や歯周病になる前に歯のクリーニングに通い、健やかな口腔環境をキープしましょう。


→当院の予防歯科についてもっと詳しく見る

親のタバコが子供の口内に影響!?副流煙のリスク

親の喫煙は、副流煙というかたちで子供を苦しめています。
「それでもタバコをやめられない」と言う方もいるでしょう。
では、次のデータを知ったらどうでしょうか。
喫煙者のいる家庭の子供は、そうでない家庭の子供より、3歳までに虫歯になるリスクが2倍になる。
親のタバコが、子供の虫歯をつくっているのです。
アルカディア歯科大倉山が詳しくご説明します。

親のタバコが子供の虫歯をつくるメカニズム

親のタバコが子供の虫歯をつくるメカニズム

タバコが唾液の分泌量を減らすことがわかっています。唾液には殺菌作用があるので、虫歯菌にとっては迷惑な液体です。さらに唾液とともに虫歯菌を流すことができます。
そのため、唾液が少ない口のなかは、虫歯菌が活発になりやすいのです。
喫煙習慣のある人の子供の虫歯リスクが2倍になるのは、子供の唾液の量が親のタバコの副流煙のせいで減ったためと考えられています。
また、タバコを吸う親の子供は、歯茎も黒ずんでくることもわかっています。これも副流煙のせいでしょう。

副流煙のほうが毒が強い

タバコの煙に含まれる有害物質は200種もあり、そのなかにはペンキや殺虫剤に含まれる物質も含まれています。タバコは「毒を飲んでいる」ようなものなのです。
先ほど副流煙の影響を紹介しましたが、家庭内での副流煙は、親が子供が遊んでいる場所に「毒をまき散らしている」ようなものです。

というのも、副流煙のニコチンの量は、喫煙者本人が吸う煙(主流煙)の2.8倍になるからです。一酸化炭素に至っては4.7倍です。
ニコチンは血管を収縮させる作用があります。つまり血行が悪くなるのです。そのため白血球が口に届きにくくなり、虫歯菌や歯周病菌に対する抵抗力が落ちてしまいます。白血球は免疫の要(かなめ)だからです。
また一酸化炭素は酸素欠乏を引き起こします。喫煙者が息切れしやすいのは一酸化炭素のせいです。

産まれる前の子供にも影響がある

産まれる前の子供にも影響がある

タバコは、無事産まれてきた子供の歯に害を与えるだけではありません。妊娠中の喫煙は、低体重児の出産、早産、流産のリスクを高めます。つまり産まれる前の子供も苦しめているのです。
さらに、母親自身が喫煙者だったり、母親が受動喫煙していたりすると、その母親から産まれてくる赤ちゃんの乳幼児突然死症候群の発症率は5倍になります。

まとめ~子供を苦しめてもまだ吸い続けますか

受動喫煙による子供への影響は、虫歯の発症だけにとどまりません。「子供の命にかかわる」といっても過言ではありません。
子供をこれだけ苦しめる可能性があるのに、それでもまだタバコを吸い続けますか。
タバコの危険性については、歯科クリニックに行ったときに、歯医者からも聞いてみてください。


→当院の小児歯科・お子さまの虫歯治療についてもっと詳しく見る

誰でもなる可能性がある?顎関節症になってしまう原因は?

誰もが一度は耳にしたことがある「顎関節症」。顎関節症は顎の病気で最も多く、近年では食生活の変化によって顎関節症になってしまう方が急増しています。特に20代から30代の女性に多く見られる症状です。顎関節症の症状は口を動かした時の違和感や痛みだけでなく、フェイスラインや身体のズレ、耳鳴りや頭痛など身体へ様々な影響を及ぼします。
今回は、誰でもなる可能性がある顎関節症についてアルカディア歯科大倉山が紹介します。

顎関節症が起こる原因

顎関節症が起こる原因

顎関節症は顎関節に負担がかかることで起こる病気です。顎関節へ負担がかかる原因は、歯並びや噛み合わせなどお口の中の問題や、頬杖や片顎で噛むなどといった日々の癖なども影響してきます。顎関節症はひとつの要因で起こるのではなく、これら複数の原因が重なることで顎関節症となるケースが多いのです。

誰にでも起こりうる顎関節症

顎関節症は20代から30代の女性に多くみられる病気と言われていますが、顎関節症になる最大の原因はストレスによるもので、男女問わず誰にでも起こりうる病気です。身体はストレスを感じると知らぬ間に歯ぎしりや食いしばりなどを行うことがあります。他人から歯ぎしりや食いしばりを指摘されたなんてこともあるでしょう。
また歯科治療中の歯や合わない被せ物、入れ歯などでも顎関節症になってしまうことがあります。

顎関節症の症状

顎関節症の症状

顎関節症には主に「顎関節の痛み」「口が開きにくい」「顎を動かしたときに起こる顎関節の雑音」の3つの症状があります。これらの症状が1つ以上かつ他の疾患が見られない場合、顎関節症と診断されます。症状の重さは人によって異なるものの、重症化すると話すことや食事をするのも困難になってしまいます。
これら顎の症状の他に、顎関節症は肩こりや身体のだるさなど全身の症状を引き落とします。身体の不調が意外にも顎関節症が原因であることもしばしばです。

顎関節症の症状が現れたら

顎関節症の症状が現れた場合、まずは顎に負担がかからないようにしてください。また冷やしたり痛み止めを服用する、軽くマッサージすることで顎関節症の症状を軽減することができます。
顎関節症は放置すると重症化してしまうので、顎関節症を疑ったときはきちんと治療を受けましょう。歯医者さんでは薬物療法や行動療法、スプリント療法など様々な方法で顎関節症の治療を受けることができます。「顎関節症かも…」と疑った場合は、一度歯医者さんに診てもらってはいかがでしょうか。


→当院の矯正歯科・お子さまの歯列矯正についてもっと詳しく見る

夏バテで口内環境が悪化する?!夏バテの予防対策!

梅雨も明けて蒸し暑い季節がやってきましたね。真夏本番となれば、気温が高い日が続きます。夏は室内と室外の温度差が激しく、体調を崩しやすくなりますね。また、夏バテすることで口内のバランスも崩れて、口内環境の悪化につながる可能性もあるのです。
夏には色々なイベントも盛りだくさんですし、健康な身体を保って楽しい夏の思い出を作りましょう!

気付かないうちに起こる「夏バテ」

気付かないうちに起こる「夏バテ」

夏バテは気付かないうちになっていることがあります。エアコンや扇風機など冷えた場所に居続けたり、室外の暑い場所から涼しい場所に移動したりと温度変化に対応するため自立神経が働き、身体は疲れを溜めてしまいます。すると「疲れがとれない」、「食欲がなくなる」といった夏バテの症状を引き起こしてしまうのです。

夏バテ対策

夏バテには様々な対策があります。水分をこまめに取りお口の中の潤いを保つこと、疲れを取るために十分に身体を休めること、栄養バランスの整った食生活にすることなどを心がけましょう。
また、身体の健康やストレス発散のためにも軽く運動する習慣を取り入れるとなお良いですね。運動によって身体の塩分を消費するので、水分補給と一緒に塩分も取り入れてあげましょう。

夏バテするとお口の中も変化する

夏バテするとお口の中も変化する

身体の水分がなくなってくると、お口の中はネバネバして乾燥した状態になります。すると喉の乾燥や口臭の原因となってしまい、口内環境の悪化に繋がり虫歯や歯周病などの進行を早めてしまいます。夏バテが原因で、虫歯になるなんて気にしていなかったかもしれませんね。
また疲れが溜まると、歯や歯茎の痛みや腫れを引き起こしてしまい、歯のトラブルにも繋がります。お口の中の変化は身体からのサインになりますから、しっかりと注意してあげましょう。

唾液を多く出す

唾液には細菌を抑制させる効果があり風邪の予防にもなります。唾液を多く分泌させることは、お口の中にも身体にもプラスになるのです。
唾液を多く分泌するためには噛む回数を増やしたり、唾液腺を刺激するマッサージなどがあります。唾液腺マッサージの方法はアルカディア歯科大倉山で教えてもらうことができるので歯のメンテナンスや歯科治療に行った際に聞いてみるのも良いですね。

夏バテしない体を作ろう!

夏バテは誰しもが起こりうる辛い病気です。身体が疲労を訴えやすくなる夏には十分注意をして、健康な状態を保つことを心がけましょう。また夏バテを予防することはお口の中の健康を保つことにも繋がります。夏バテを予防し、今年の暑い夏を乗り切りましょう!