歯科コラム

歯のクリーニングの種類は?かかる費用は?

歯を守ろうとするなら、セルフケアだけではなく、定期的に歯科医院で歯のクリーニングを受けることが大切です。歯のクリーニングは、虫歯や歯周病のリスクを抑え、きれいな歯を取り戻す処置です。歯のクリーニングでは、「どのようなことをするのか」「どの程度の費用がかかるのか」が気になる方もいますよね。そこで、今回は歯のクリーニングの種類や費用について詳しく解説します。

歯のクリーニングとは

歯のクリーニング用器具

歯のクリーニングはPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とも呼ばれ、歯科衛生士が専用の器具で歯をきれいにする処置です。ホームケアと組み合わせれば、虫歯や歯周病のリスクを抑えられます。

歯の表面には、バイオフィルムという菌の集合体があります。この中で虫歯菌や歯周病菌が繁殖し、虫歯や歯周病のリスクが高まるのです。バイオフィルムは歯磨きでは取り除くことができませんが、歯のクリーニングであればバイオフィルムを破壊できます。

また、歯の汚れや着色を取り除いて研磨するため、本来の白い歯を取り戻せる可能性もあります。

歯のクリーニングで行うこと

歯のクリーニングでは、スケーラーという器具で歯石を取り除くスケーリングという手法を行います。歯石は自宅でのケアで取り除くことは困難であるため、スケーリングで取り除くことが大切です。また、研磨ペーストを歯と歯の間や歯の表面などに塗り、清掃と研磨をしていきます。さらに、頬の内側や舌などの清掃もするため、口腔環境が整うのです。

このように、歯のクリーニングにも種類があり、複数の手法を用いて歯をすみずみまできれいにしていくのが歯のクリーニングです。また、必要に応じてフッ素を塗ります。フッ素には、歯の再石灰化という現象を促すことで、虫歯に強い歯を作ることにつながります。

歯のクリーニングにかかる費用

紙幣とクレジットカードが入った財布

歯のクリーニングは自費診療であるため、歯医者によって費用が異なります。前歯だけであれば約3,000~4,000円、全ての歯をクリーニングする場合は約6,000~8,000円で受けられる歯医者が多くみられます。

歯医者によっては、何らかの治療を受けた場合に限り無料で行っているところもあるなど、価格帯はさまざまです。

歯のクリーニングは、虫歯や歯周病を防いで自分の歯を守るために必要なケアです。虫歯や歯周病の治療を受けたことをきっかけに、歯のクリーニングに通うようになる方もいます。虫歯や歯周病になる前に歯のクリーニングに通い、健やかな口腔環境をキープしましょう。


→当院の予防歯科についてもっと詳しく見る